昨日は日給1400万、本日2200万。さてどうなるか。

どもどもこんにちは。

ユウです。

昨日はガッツリ記事書いたので、
しっかり見ておいて下さいな。

インジケーターにぶらされないって非常に重要。

→ http://wp.me/p7UXuv-77
※昨日の記事はこちら

 

昨日の日給1400万だけど・・・

相当シビアでした。

 

 

nikkyu1
購入金額とペイアウトを引いた金額がいわゆる利益ですが、
BET数もまあまあいってるのでそこまでいい取引とは呼べず・・・

取引回数が多かったのはいいのですが、
かなり左右された試合の連続。

Pipsも全然取れなくてどれもギリギリ勝負。
ロンドン時間(16時~21時)まででようやく伸びた感じでした。

 

AUDUSD1

 

こういうギリギリの戦い多かった。

日本時間は苦しかったですねー。

単足エントリー(5分足だけで取引)の方は厳しかったのでは?と思います。

 

マルチフレームを使ったエントリー

 

バイナリーって沢山ツールあると思いますが、

単足ツールは基本勝率低いと思ったほうがいいですね。

マルチフレーム(1分足と5分足を使った手法)の方が

圧倒的に制度は上がってきます。

ロウソク足に対して髭が何%出たらエントリーとか
そういった種目であれば話は別ですが、

そうそうそのプログラムを組む方は少ないですから
単純にOscillatorだけの判断で取引してるなら
非常に危険だと思ったほうがいいですね。間違いなく。

メジャーどころでいうと
ストキャスティクスの

GC(ゴールデンクロス)とDC(デッドクロス)

RCIとかRSIとかそのあたりかな。

これも単一だけで見ると本当リスク。

+要素を加味したりロウソク足、
レジサポぐらいは見たほうがいいと思います。

レジサポの引き方もそれぞれですが、
心理的に意識されてる所ってのが本当に重要。

 

そうするとこういった感じで取れたりする。

NZDJPY

基本的に単一足のツールは、

3、2、1、・・・00秒エントリー!

 

だと思うけど、マルチフレームなら特に関係なし。

慣れも必要でしょうが、レジサポ見て

 

ライン見て引いて試してリアルタイムで見るって経験しか
信じれないのでまあ経験が必要なので難しいです。

ブレイクする理由も簡単に見えてくるし。

なので正直僕、順張りも逆張りも出来るんですよね。

バイナリーで順張りは絶対にやらないけど、
フォレックスでしかエントリーはしません。

逆張りの順張りぐらいですね、やるのは。

ロウソク足の実体と、心理的節目、予約指値予測と
糞ポジチェッカーでのCHECKだけでも充分だったり。

ブログは逆張りにしか話しませんが、
上記だけでも充分だったりしますよん。(順張りは)

確かオプザイルは単足エントリーだった気が・・・

今はどこにいったのかわかりませんが、
一時期オプザイルっていうわけわかんない集団
テレビにニュースになるぐらいの話題を起こしましたね。

そのツールが確か単足エントリー。

もしかしたらバックテストの結果が多少良かったのかもしれませんが、
バックテスト勝率60%以下だったら
まあ不安定な要素は多いです。
淡々とエントリー出来るか回数こなさないと勝てないので、
オプザイル式のインジケーターやツールは危険でしょうね。

 

 

(マルチフレーム使ってたらすみません。確か単足って聞いてた。)

自動売買にすればお話は別でしょうけども、
人間がやると24時間相場に貼り付けませんから、

 

当然勝率も不安定な状態になります。

 

そういった意味でも単足エントリーはあまり推奨しないですね。

巷の詐欺ツールとかは

「ユーザーが使いやすいように」

ということをテーマに置いてるので、

カウントダウンのシステムを追加したり、

WebでMT4を見ずに取引したりとありますが、

「投資舐めてるのかい?」

と、思わず言葉を発してしまいそうだ・・・

 

相場は戦場です。

MT4の中で戦争が起こってる事実に気づかないと行けない。

チャートは攻防戦を表したグラフである。

MT4のロウソク足とは僕は戦争の後の結果
だと思って見ております。

人間が心理的に意識してる部分や、
それを予測してお金を投下して、
戦に勝てば報酬が入るという仕組みだと思ってます。

世界に色々な敵がいてその人達と戦ってる。

 

そのぐらい気合いいれてMT4は見ないと技術は高まりませんし、
たかだか少し見て勝てるようになったぐらいで戦場でフラフラ歩いてたら
普通に撃ち殺されて終了です。

 

自分がカモになるから食う側になるか

って大げさに聞こえるかもしれないけど

まじでそれぐらい戦場だと思ってる。

 

大体の人が勝てない大きな理由は

「相場を舐めてる」って事。

単純にシステムを購入して考えなかったり、
その人がいう全てを受け止めて相場から学ぶことを辞めてる人。

当たり前だけど勝てないよね、そりゃ。

ツールを買うなら割り切りで、
淡々とエントリーするしかないのです。

わがまま言わずに淡々とね。

バックテストの結果がいいなら尚更です。

それ以上の結果を求めるなら裁量が最強

または固定化してくれる自動売買のどちらかでしょう。

塾とかツール買ってる人が一番やるべき事は
二択しかなくて、

・完全に無の心で淡々とエントリー

・本当に投資で食っていきたいなら裁量覚える
どっちかしかないです。

一時の感情にぶらされずにやるってことは重要です。
月間でプラスにならないといけないし。

 

(それが超難しいんだよ、本当に・・・)

 

ちなみにシステムを提供してもらって、

「勝率85%」ですと言いながら、
マーチンするシステム、ツールはまじでゴミです。

※マーチンゲールという手法。

1回目 1000円BET

負けたら
2回目 2000円BET

と言った感じで倍額でBETして、
一回目の負けを無くしながら増やす方法

 

 

ゴミ中のゴミです。

 

マーチンしてる時点で非常にナンセンスで、
投資の事何もわかってない人って思った方がいいです。

資金管理的にも良くないし、マーチンする手法の
システム、ツールはまずバックテストの結果が良くても、
フォワード(実際にエントリー)するとまるで違う結果が出ます。

 

(てかペイアウト1.88、2倍もない状態でマーチン本当にセンスなし)

85%あってもテスト結果で出る月利は
参考にならないので辞めたほうがいいです。

High&Lowのペイアウトでいうと、
1.9倍(1分取引の場合)ですから勝率78.9%以上じゃないと増えないです。

85%って実は相当ギリギリだし、
これずっと張り付いてエントリーしての結果なので非常に悪い。

後は、この手のツールは勝率がいい通貨だけ
エントリーして下さいという都合が良いツール。

勝率高い所にエントリーしたら
確率収縮で間違いなく悪くなるので負ける負の連鎖起きます(笑)

それと78.9%以下だった場合って、
マーチンで負けてますから通常の損益分岐、
単発エントリー(マーチンなし)なら
52%を割れたときよりも遥かに失う資金は多い計算です。

一時的な麻薬にしか(買ってるように見せる)過ぎないので、
できるだけマーチンをするシステム、ツールは避けて下さい。

皆の衆、数字に踊らされては行けぬぞよ。

本日、10月19日はすこぶる調子がいい。

 

本日はNZDが荒れておりますが

どうやら選挙のようですね。中国でも大きなイベントがあり、

暗号通貨でも色々イベントが起きてたりとまあファンダメンタルズ分析としては危険極まりない。

 

 

が、Technicalって本当に凄くて、最終的にしっかり落ち着くもんですね。

 

 

EURUSD2

 

そしてこれ、ここ最近で一番クレイジーで、

最高に気持ちよかったエントリーでした・・・

 

(あそこから汁が出てた気がするぐらい痺れた)

 

NZD

 

 

700万BETでオールWin(๑´ڡ`๑)

 

NZD11

 

 

ちなみに、僕は口座を100個以上運用してるので、

凍結しまくっても口座大量にあるので問題なし(笑)

 

他人の口座で稼いで僕はお金を配ってるいい人なんです(笑)

僕に口座もやって下さいは無しでw

 

現状、日給2200万なのでどこまで伸びるか・・・

 

明日のブログをお楽しみに☆

 

 

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※2018年5月2日更新!!!


・ユウ監修の自動売買システムの完全販売停止。
・ゲリラで行われる、ユウのトレードをリアルタイムで見れるインスタライブ
・バイナリーで負けている、「患者」を助けるためのバイナリーホスピタル(病院)

他では見れない、ユウならではの
おすすめ記事まとめはコチラから!(バイナリー攻略のまとめ)

 

投資の病気、怪我を徹底治療する
バイナリーホスピタルはこちらから!

 

New→ユウの直近の取引履歴(勝率100%)と自動売買販売停止に関して。

更にDeepな情報を知りたい人は
下記アイコンをクリックして、メルマガ、LINE@への登録をお願いします。

※ブログより早く、リアルタイムで情報配信してます。


生tradeバナー
ゲリラライブでライブトレードしてます!生トレードが見たければまず登録を!


line_bnr
いち早くLINEで情報を受け取りたい人はコチラ!


automation
禁断の手法でもある、自動売買を知りたい人はこちらからどうぞ。

 
 

コメントを残す

サブコンテンツ