デイトレードを初心者が攻略するための7つのコツ、バイナリー最強説

デイトレード、と言われると一般的にはFXを想像する。

実際に用途としてもFXを指して使われる単語なのは確かだが

一日のトレードのことを指すならば、バイナリーのほうがリスクは少ない。

 

こんにちは。ユウです。

FXでいうデイトレードから投資にはいる人は多いですが、

僕としてはデイトレードよりもバイナリーのほうがおすすめだと考えています。

 

ちなみにデイトレードとは

一日以内に銘柄の売買を完了させ、利益を確定させていく手法。

 

ということなので

結構短期売買になります。

なのでテクニカルとファンダメンタルズ分析だったら両方を使っていくんでしょうが

おそらくはテクニカルも利用していくことにもなります。

 

ただ、正直言って短期売買のリスクを負って投資をするならば

バイナリーのほうがリスク自体は少なく済むという印象が強いです。

 

確かにFXは天井知らずで、勝った銘柄が大きく上がっていけばそれ以上の利益が出ますが

落ちたときにはそれ以上の損害があるわけで。

 

どちらがいいとはいえませんがリスクリターンのバランスと

テクニカル分析に振り切るのならば僕はバイナリーをやってしまうなーと思っていますね。

 

バイナリーとしてのデイトレードを攻略するコツ

基本的には何ですが

僕は投資は根拠集めゲームの側面を持っていると思っています。

 

例えば今の状況から相場が上がるのか?下がるのか?

上がると考えたならばその根拠を集める形ですね。

 

それはボリンジャーバンドに近い位置だからとか

RSIがいくつになっているからとか

ストキャスティクスがデットクロス、ゴールデンクロスを描いているだとか

ローソク足の下ヒゲ、上ヒゲが長いからだとか

別の時間足で見たときの形がtrendだからとか

 

色んな理由付けを探していく形になります。

 

で、もちろんですが、これらの根拠が多いければ多いほど、強ければ強いほど

相場というのはその通りに動く可能性が高い。のです。

 

ただ、その期間が長くなれば長くなるほど

見なければ行けない要素は増えていきますし、

そもそもとしてその要素の強さ自体も薄れていく可能性があります。

 

 

となれば、僕は短期取引のシンプルさが強いバイナリーオプションでの

デイトレードは仮に投資を始める初心者がいれば、提案したいなーと思っている形です。

 

 

先ほどいったリスクが少ないから(追証という概念がないから)ということもありますが

根拠のわかりやすさ。という点からです。

 

 

もちろん、ファンダメンタルズ要素が不必要というわけではありません。

確実にその分析はしたほうがいいですし、ファンダメンタルズ分析をするからこそ

テクニカルが通用しない相場の時間、状態がわかることも多いのです。

 

が、テクニカル分析も

ファンダメンタルズ分析も、その分析方法と言うだけならば

軽く数百種類の分析方法が存在しています。

 

そんな中、変に半分かじって行くのは

よほどの天才の人しかまずまず覚えられないでしょう。

 

まずは覚えやすい所から、入っていって、そして無理をせずに始めていく。

自分が抱えきれるリスクをみて行動していくことが非常に重要になりますね。

 

 

間違っても、投資を使って一発逆転勝負!!

 

とかはしないほうが良いですね。

 

そういう投資はそもそもとして「投資」とはいえません。

お金の使い方の話になりますが

投資はあくまでお金を守るものであって、攻めていくものという認識はもたないほうがいいですね。

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※2018年5月2日更新!!!


・ユウ監修の自動売買システムの完全販売停止。
・ゲリラで行われる、ユウのトレードをリアルタイムで見れるインスタライブ
・バイナリーで負けている、「患者」を助けるためのバイナリーホスピタル(病院)

他では見れない、ユウならではの
おすすめ記事まとめはコチラから!(バイナリー攻略のまとめ)

 

投資の病気、怪我を徹底治療する
バイナリーホスピタルはこちらから!

 

New→ユウの直近の取引履歴(勝率100%)と自動売買販売停止に関して。

更にDeepな情報を知りたい人は
下記アイコンをクリックして、メルマガ、LINE@への登録をお願いします。

※ブログより早く、リアルタイムで情報配信してます。


生tradeバナー
ゲリラライブでライブトレードしてます!生トレードが見たければまず登録を!


line_bnr
いち早くLINEで情報を受け取りたい人はコチラ!


automation
禁断の手法でもある、自動売買を知りたい人はこちらからどうぞ。

 
 

コメントを残す

サブコンテンツ