順張りと逆張り?バイナリーオプションの徹底攻略法

順張りと逆張り。相場を予測する上で

どちらのノウハウを利用するのかは大きく変わってくる。

その上でどちらのほうが自分に合っているのか?を選択するのもまた裁量である。

 

こんにちは。ユウです。

ちょっと福岡に出張中でチャートを触れない日が続いております。

さわれないとかいいつつも・・・

 

14e38b099aed278664f00946de506a2e

 

ある程度はエントリーして儲けは出ています。

とはいえ画面がノートパソコン一台だけなので

ちょっと限界はあるなーと感じますね。

 

取引をする際は僕は6枚の画面で取引をしているのですが

通貨の連動性も見れるので何だかんだで精度が変わってくるんですよね。

 

例えばUSD絡みの通貨がいっぺんに動いていたとしたら

一つの通貨がエントリーチャンスだとしてもちょっと警戒してみたり・・・。

 

そういう変化に対応する能力がどうしても落ちちゃうので

難しいところではあります。

 

そこまで一気にエントリーは出来ないですね。

とはいえ、こうして家に居てもどこに居ても儲けを出すことが出来るのは

投資の大きなメリットだなと思っています。

 

もちろんビジネスの話や起業してどうとかということも出来ますが

一人で手軽に、という自由度は一番高いと思ってます。

 

と、前置きがまた長くなったところで本題のノウハウの話へ。

 

順張りと逆張りのノウハウはどちらがバイナリー攻略に向いているか?

 

先に伝えておくと

順張りは単純に相場が上がっていっている最中で

「さらに上がると予想してエントリーをする方法」

 

逆張りに相場が上がっている状態で

「ここで落ちると予想してエントリーをする方法」

 

になります。

 

まぁ相場的にはトレンド相場の際には順張り、

レンジ相場の際には逆張りのノウハウを適用しているところが多いですね。

 

あと、ちなみに世の中に出ている基本的なサインツールは「逆張り」が圧倒的に多いです。

 

レジスタンスラインを見極めて

エントリーをするほうが分かりやすいですし

初心者に大抵進められるのは逆張りの方法です。

 

一方、順張りの方法に関しては

結構上級者が多いイメージがあります。

 

そのまま上がっていくような相場を見極めてそれでエントリーをしていく形ですからね。

コレに関してはやっている人は僕は知り合いではいないなと。

 

順張り、逆張りのどちらがいいのか??

と言うのはガッツリと精通しているわけではない僕が

一概に断言をすることは出来ませんが

 

僕は初心者が分かりやすいのは逆張りのノウハウだな―と思っています。

というのも、根拠として幾つかの条件が揃った時に

反発が起きやすい。と言うのは確かにわかりやすいので。

 

 

反面、順張りの兆候っていうのはちょっと見分けがつきにくいイメージがありますね。

トレンドの時にそのままトレンドで進んでいく傾向を見極めて

それも何個も根拠を集めてエントリーをしていくのでしょうが

 

反発ラインを見極めるよりかはイメージが付きづらいなと。

 

ただ、一つ言えるのは

 

順張り、逆張りのどちらのノウハウを利用するとしても

サインだよりではなくて明確な根拠をたくさん集めることが

より勝率を高めるエントリーに繋がるということです。

 

よくあるやつですが根拠がたった一つとかは

あんまり僕的にはお薦めはできないですね。

 

もちろん、その根拠が超絶強ければやり続ける価値はありますが

あくまでそれは運の要素も入ってきてしまうので。

 

極力運の要素を減らして

チャートを見て分析して行くためには

順張りにしても、逆張りにしても明確な根拠をいくつ見つけられるか?

 

そのためにどれだけの知識を覚えていけるか?というのが重要になります。

 

変にやり方に固執はせず、

いろんなやり方でチャートを見ていったほうが

奥深さも味わえますね。

 

コメントを残す

サブコンテンツ